昔は各週末日必ずレクリエーションに出かけていたのに、最近はウィークエンドどちらかは家で休養しなきゃやってられない。

20代のうちはどんなに営業が忙しくても、常々終電帰りになろうとも、せっかくの休日を家でグダグダ暮すなんて悔しい!と各週後半(ウィークエンド両者)必ず出かけて遊び歩いていたのに、近頃それがめっきり出来ず。
ウィークエンドのどちらかは目覚ましを一式せずに家でとことん寝る!
起きた直後もひたすらグダグダゆっくり明かす!
こうしないとやってられない。
疲れが取れないし、翌週の営業がもっとキツく達する。
もう一心不乱それが第三者から見てもうなづけるくらい。
ちょっと無理して出掛けると、必ず「なぞ疲れてますね。」って言われちゃう。
お肌にも表れてメイク流れが悪くなるし、吹出物が適いちゃったり。
若い頃はこんなことなかったのに、これが歳を食するってことなのか…とつくづく感覚。
残りたくさん立っていたり、歩いていると膝や腰が痛むようになってしまった。
もうヒールなんてよっぽどの案件じゃないと履けないし、普段はぺたんこのラク靴ばかり。
女性を通り越してもうおばあちゃんみたいだ皆さん…となんかへこみます。ふるさと納税をお得にゲットする方法!

20歳のうちのライフサイクルと30歳の今のライフサイクルの違いと様式の変化

近頃ユニバーシティの内の側と会って話してて、以前の生活を思い出のシチュエーションして気づいたことがある。

20年代の内って夜更けまで遊んでも昼前まで遊んでも起きていられたんだけど、
30年代になった内、それがとってもにくくなった!
まず、飲んでても12ステージを変わると、眠い!とても、眠い!
以前に増してどこででも寝られるようになった。
側にその事柄話してみたら、やっぱり同じで。
「年代だよねー」なんて、20年代の頃には想像してなかった会話がそこに現れたよ。
疲れてもはじめ夜寝れば蘇生できたその頃と
はじめ夜寝てもなんだかだるい現時点と、やっぱ比べると変わったのは年代なのかなと。

昔はいくら飲んでもよかったし、食べても太らなかった。
多少太っても夏になったら勝手に痩せてたんだけど、
年代をとると、やっぱそうはいかなくて。
代謝が落ちたってことかな。
以前から冬季は太って夏は痩せてって連鎖が壊れちゃった。
お腹やお尻、乗り物とかさ、気になるところにお肉氏が!
ダイエットしてもなかなか実績も出づらいし。

けれども!まだまだいろいろしたいカテゴリーだから!
単独磨き頑張るんだ!年代に負けないぞ。ふるさと納税の上限額とシュミレーションをしたい